本文へ移動

保育理念・保育方針

保育理念

 
輝く笑顔、未来につなぐ
 
子どもたちの笑顔が明るく美しいとき、
子どもたちは確実に成長しています。
私たちは、
『自分を大切にし、自分らしく生きる』ため、
生きる力の基礎となる
『子どもたちの輝く笑顔』
を大切にしています。
 
 

保育方針

「先生大好き、お友達大好き、保育園大好き」になる環境づくり

保育園は入園する子どもにとって「最もふさわしい生活の場」でなければなりません。たくさんの人に愛され、認められ、思いやられることで、情緒の安定した豊かな心が育ちます。その環境を保障します。

子どもの「気づき」や「やろう」とする気持ちを大切にし、
「生きる力」「主体性」を育む。
 活動の主体はあくまでも子どもです。「自分からやってみよう」とする気持ちを引き出す環境づくりを行います。目標に向かって遊びを発展させながら、「考える力」「創る喜び」を育てます。メリハリのある保育を実践します。
 
子どもの可能性を引き出し、伸びる力を育む。

全ての子どもは、無限大の可能性を秘めており、伸びる力が備わっています。この時期に経験させたい活動を順序だてバランスよく提供することで秘めた可能性を引き出していきます。
 

保育目標

 
○気持ちの良いあいさつができる子ども

○感性豊かで、意欲と思いやりのある子ども

○自分で考え、自分で行動できる子ども

保育プログラム

【立腰教育としつけの三原則】

【立腰教育としつけの三原則】
 
 腰骨を立てることで、心も安定し、相手の話をしっかり聞く姿勢をつくりだします。しつけの三原則は、
挨拶を自分からしっかりしましょう。
返事をハイとはっきり言いましょう。
履物をそろえましょう。椅子を中にいれましょう。
3つを徹底して身につけています。
 

【体育ローテーション】

【体育ローテーション

ステップ・ランニング・巧技台サーキット等の組み合わせにより、子どもたちが楽しみながら自らの身体の発達にチャレンジしていくプログラムです。運動能力の向上はもとより、自信、判断力、集中力、仲間意識などの心の成長にも大きな効果をもたらします。
 

【マーチング・音楽活動】

【マーチング・音楽活動】

年齢・段階に沿った音楽活動を通じて、心・体を育てます。「みんなで一つのことを創り上げることの喜び」を体験します。リズム感・音感等の技術面の向上はもとより、協調性、目標遂行能力、継続力が養われます。
 

【豊かな戸外活動】

【豊かな戸外活動】
 
 園庭での遊びはもちろん、近隣の公園、金川の森・博物館等へのお散歩等、戸外で活発に遊ぶ体験を多くもつようにしています。土や砂、植物の自然物で遊ぶこと、遊具で体全体を使って遊ぶことを通して、豊かな心とからだづくりに努めます。

【ワーク・ショップ】

【ワーク・ショップ】
 
 切る・貼る・描く・創る…
室内に設定した各コーナーで、自分がやりたい活動を選択して楽しみます。指先の発達を促すとともに、主体性を育みます。

食育

 野菜の皮むき、お米とぎ等の給食のお手伝い、クッキング保育等、食育を通して食を営む力の基礎を培っていきます。食べ物を大切にし、食べることが大好きになる子どもを育成します。

【行事に向かって歩む保育 】

【行事に向かって歩む保育 】
 
 行事は日頃の園生活の延長線上に位置し、それらは目標が明確なうえで展開されるべきものであると考えます。
 一つの行事をテーマとして、日々の保育活動を計画し行事につなげていきます。子どもたちの確実な成長を見通します。
※外部講師による絵画教室とダンス教室も取り入れ、自分を表現することを大切にしています。
石和東こども園
〒406-0026
山梨県笛吹市石和町中川330
TEL.055-262-2061
FAX.055-262-2069
0
8
7
9
2
1
TOPへ戻る